Kumiko Asai Photo (c)Andrej Grilc.jpg
(C)Andrej Grilc
Asai Piano School

浅井 久視子​ Kumiko Asai

徳島県出身。4歳よりピアノを始める。

 

桐朋学園大学音楽学部卒業後、神戸女学院大学大学院音楽研究科音楽芸術表現専攻(修士)首席修了。

その後渡欧、2020年1月、ウィーン国立音楽大学ポストグラデュエート課程修了。

 

 第44,45,47回徳島県音楽コンクール金賞

 第4回宝塚ベガ学生ピアノコンクール第3位

 第58回全日本学生音楽コンクール大阪大会第3位

 第59回全日本学生音楽コンクール大阪大会第1位

 第9回日本演奏家コンクール第3位

 第35回飯塚新人音楽コンクール入選

 マルッジョ国際音楽コンクール(イタリア)第1位

 ヴィラフランカ・ディ・ヴェローナ国際音楽コンクール(イタリア)第3位

 グランドプライズヴィルトゥオーゾ国際音楽コンクール2019”ザルツブルク”第1位

 

ウィーン夏期国際音楽ゼミナール、モーツァルテウム夏期国際アカデミー、クールシュヴェール夏期国際アカデミー、霧島国際音楽祭、ミュージックアカデミーinみやざきなど、国内外の講習会やワークショップにて研鑽を積む。

ジャック・ルヴィエ、ジャン=マルク・ルイサダ、クラウディウス・タンスキ、ロルフ・プラッゲ、青柳いづみこ、青柳晋、練木繁夫、横山幸雄、若林顕の各氏のマスタークラスを受講。

 

2007年 徳島県立城東高等学校在学中、定期演奏会において学内オーケストラとガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルーを共演。第7回徳島県立城東高等学校「君の夢に100万円」奨学生。神戸女学院大学大学院在学中、大学より助成金を得てモーツァルテウム夏期国際アカデミー受講、ディプロマ取得。

 

​2008年 寺内詩織氏とデュオリサイタル (於、北島創世ホール)。2013年 中川愛梨氏とデュオリサイタル (於、大塚ヴェガホール)、大塚国際美術館システィーナホールにて美術館コンサートに出演。2016年 松尾楽器商会にてSteinway&Sons L’espace du son シリーズに推薦され、リサイタルを行う。サマーミュージックフェスティバル大阪2016(於、ザ・フェニックスホール)では、シューマン:ピアノ五重奏曲 作品44を共演。

2019年 オーストリア・ニーダーエスタライヒ州ロザッツにてペーター・エフラー氏と共にコンサートに出演。第2回ショパン・フェスティバル2020(於、カワイ梅田コンサートサロン Jouer)出演。

2021年1月 徳島・阿南市文化会館 夢ホール、3月 阿波市アエルワホールにてリサイタルを行う。

その他、多数のソロ・室内楽コンサートに出演、積極的に演奏活動を行う。

 

これまで井下洋子、ジュゼッペ・マリオッティ、山上明美、伊藤恵、岡本美智子、岡田将、ペーター・エフラーの各氏に師事。

日本ショパン協会関西支部、日本ピアノ教育連盟関西支部各会員。

​現在、神戸常盤女子高等学校 大学特進こども教育コースピアノ講師としても指導にあたる。